上映 アニ玉祭(アニメ・マンガまつり in 埼玉)

2013.9.19

10月19日(土)~20日(日)に開催される「アニ玉祭(アニメ・マンガまつり in 埼玉)」において、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(第15回アニメーション部門審査委員会推薦作品)のほか、文化庁メディア芸術祭の受賞作品を中心としたプログラム上映を実施します。

アニ玉祭(アニメ・マンガまつり in 埼玉) http://anitamasai.jp/
会期:2013年10月19日(土)9:30~18:00
         10月20日(日)10:00~17:00
会場:大宮ソニックシティ
上映会場:大宮ソニックシティ 小ホール
入場無料

Array

アニメやマンガにゆかりの深い埼玉県で開催されるアニメ・マンガの総合イベント「アニ玉祭(アニメ・マンガまつり in 埼玉)」。文化庁メディア芸術祭では、第15回アニメーション部門審査委員会推薦作品で埼玉県秩父市が舞台となったテレビアニメーション「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を公式上映するほか、第16回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の受賞作品を中心とした12作品・90分のプログラムを上映します。

■公式上映 「文化庁メディア芸術祭 上映プログラム」
日時:10月 19日(土) 14:00~17:30

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(テレビアニメーション)
第1話、第10話、第11話
日時:10月 19日(土) 14:00~15:30

幼なじみで仲良しの小学生6人組「超平和バスターズ」。その1人、めんまが事故死してしまう。残された仲間はめんまの死によってトラウマを抱えながら高校生へと成長していく。そんなある日、主人公・じんたんの前に、死んだはずのめんまが突然成長した姿で現れたことをきっかけに、幼なじみたちが再び集結する。埼玉県秩父市をモデルとした郊外の情景を舞台に、様々な人間関係の中で生じるキャラクターたちの複雑な感情の機微を描き出している。

「第16回文化庁メディア芸術祭受賞作品―アニメーションプログラム―(90分)」
日時:10月 19日(土) 16:00~17:30

国内外から優れた作品を募集し、表彰する文化庁メディア芸術祭。江戸の大火事を舞台とした「火要鎮(ひのようじん)」や、ウサギを崇拝する人々を描いた「グレートラビット」、その他、手描きや人形アニメーションなど海外でも評価の高い受賞作品を中心として選んだ12作品、90分のプログラムです。