ブラジル・リオ デ ジャネイロの特設パビリオンにて上映

2014.6.1

ブラジル・リオ デ ジャネイロのParque da Bolaにおいて、ワールドカップのパブリックビューイング会場、FIFA公式メディアセンターと併設される日本パビリオンにて文化庁メディア芸術祭の映 像プログラム「Beyond the Technology~情緒を描く技術、現代を映す表現」を上映します。

本上映は、ジャパンプレゼ ンテーション事業の一環として実施されるもので、会場のParque da Bolaにはサッカーファンやリオ市民、各国メディア関係者が集まります。「ジャパンプレゼンテーション事業」とは、東京オリンピックが決定した中で、これから2020年までを日本の魅力を世界にアピールするクールジャパン発信 の好機として位置づけ、今後開催される国際的に注目の集まる場所や機会に官民が連携して日本の文化、商品、サービスを世界にアピールし、日本企業の海外進 出の好機を創出してゆくことを目的にした事業です。 その最初の試みとして、「日伯修好120周年」を来年2015年に控えたブラジルにおいて「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」を開催します。日本が誇る文化や技術を紹介し、日本らしいおもてなしのホスピタリティを体験する機会を来場者に提供し、日本の魅力を多角的に発信します。

ジャパンプレゼンテーション事業「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」

主  催:ジャパンプレゼンテーション2014実行委員会
開催期間:2014年6月12日(木)~7月13日(日)  ※リオ デ ジャネイロ現地時間
開館時間:12:30~21:30 (6/14のみ~24:00まで)

会  場:Parque da Bola(Jockey Club, Rio de Janeiro)http://www.parquedabolario.com.br/
後  援:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)、一般社団法人ミス日本酒
参  画:井村屋グループ株式会社、株式会社サガミチェーン、シャープ株式会社、株式会社電通チーム・クールジャパン
協  力:株式会社伊藤園、月山酒造株式会社、菊正宗酒造株式会社、沢の鶴株式会社、ブラジルキリン社、やちや酒造株式会社、リオ デ ジャネイロ 日系協会、リオ デ ジャネイロ州文化体育連盟、リオ デ ジャネイロ日伯文化協会、リオ デ ジャネイロ日本商工会議所、リオ デ ジャネイロ日本人学校(五十音順)

■文化庁メディア芸術祭映像上映
映像プログラム「Beyond the Technology~情緒を描く技術、現代を映す表現」
※会期中各日1回
デジタル技術は常に進化を続け、それを駆使した表現は現在の豊かな多様性を実感させます。表現ツールのデジタル化は、作品に描写されるCGや合成に留まらず、デジタルとアナログの双方を用いた新たな表現手法や、新旧の手法に新たな魅力を与えています。
映 像プログラム「Beyond the Technology」を通して、私たちは、表現に用いられている様々なテクノロジーとともに、表現の多様な広がりを可能にしている現代という状況にも目 を向けることができるでしょう。そして、こうした表現の根底には、技術を超えた「情緒」が描き出されていることに気づかされます。本プログラムの作品は、 表現手法が今後も豊かな広がりを持つことを想起させつつ、作家の感性と、現代において共有される想像力を映し出します。

●上映作品
『Sound of Honda / Ayrton Senna 1989』
菅野 薫/保持 壮太郎/大来 優/キリーロバ ナージャ/米澤 香子/関根 光才/澤井 妙治/真鍋 大度
『minicar music player.』柿本ケンサク
『TECHNE: 映像の教室』テクネ映像の教室制作チーム
『やけのはら「RELAXINʼ」』最後の手段(有坂 亜由夢/おいた まい/コハタ レン)
『salyu×salyu「話したいあなたと」』辻川 幸一郎
『ballet rotoscope』 佐藤 雅彦+EUPHRATES
『Strata #4』Quayola
『TOKYO CITY SYMPHONY』
大八木 翼/馬場 鑑平/TAKCOM/三浦 康嗣/渡邊 敬之/前田 定則/橋本 俊行/寺井 弘典/加島 貴彦
『ハイスイノナサ「地下鉄の動態」』大西 景太
『トラヴィス「ムーヴィング」』Tom WRIGGLESWORTH / Matt ROBINSON
『Z-MACHINES』Z-MACHINESプロジェクト
『水道橋重工「KURATAS」』倉田 光吾郎/吉崎 航
『Professor Kliq “Wire & Flashing Lights”』 Victor HAEGELIN
『WORLD ORDER in BUDOKAN』WORLD ORDER
『環ROY「ワンダフル」』環ROY×古屋 蔵人