上映 ZubrOFFka 国際短編映画祭2014

2014.12.2

12月3日(水)~7日(日)にポーランド、ビァウィストクで開催される、世界各国映像作品と音楽を紹介する「ZubrOFFka国際短編映画祭」で文化庁メディア芸術祭の受賞作品等を上映します。

ZubrOFFka 国際短編映画祭2014

会期:2014年12月3日(水)~12月7日(日)
会場:ビァウィスク市内劇場、大学、駅構内など(ポーランド・ビァウィストク)
入場料:無料
主催:ISFF ZUBROFFKA

ポーランド北西部のビァウィストクで開催される「ZubrOFFka国際短編映画祭」はドキュメンタリーからアニメーションまで個性豊かな映像作品が集まる映画祭として知られています。コンペティションには、「EASTWARD WINDOW」「WHOLE WIDEWORLD」「AMATURES」「STUDENTS」「INDEPENDENT」「KIDS」の6つのカテゴリーが設けられ、1,200の応募作品から選ばれた95作品が上映されます。

文化庁メディア芸術祭では本フェスティバルの特別上映プログラムとして、映像プログラム「Portrait of Japanese Animation―日本の映像描写」の上映を行います。

文化庁メディア芸術祭上映プログラム
Portrait of Japanese Animation―日本の映像描写
日本ならではの独特の世界観や感情描写の表現、現代日本の日常を反映したアニメーション作品、ミュージックビデオ、映像作品9点を紹介します。

上映日時:
12月3日(木)18:30~20:30 会場:Hajnówka
12月4日(金)17:00~18:30 会場:Arsenal Gallery – An Old Power Plant