JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL

海外メディア芸術祭等参加事業

こちらのイベントは終了いたしました。

ARS ELECTORONICA(アルスエレクトロニカ)2015

オーストリアのリンツ市で9月3日から7日まで開催されるメディアアートの祭典「ARS ELECTRONICA(アルスエレクトロニカ)2015」において、『のらもじ発見プロジェクト』の展示と文化庁メディア芸術祭受賞作品の上映を行いました。

  • ARS ELECTRONICA
  • ARS ELECTRONICA
  • A_Board_003_OL

概要

ARS ELECTRONICA 2015
会期:2015年9月3日(木)~7日(月)
会場:PostCity(旧郵便物流センター)、アルスエレクロトニカセンター、OKセンターほか(オーストリア・リンツ)

入場料:18 ユーロ~(チケット種類・日によって異なる)

今年で34回目を迎える「ARS ELECTRONICA」は“アートとテクノロジーと社会のためのフェスティバル”というコンセプトのもと1979年にはじまり、世界各地からアーティスト、科学者、技術者、理論家、ジャーナリストが訪れる国際的なメディアアートの祭典です。今年のテーマは「POST CITY – Habitats for the 21st Century(21世紀、人はどこで生きるか)」。「街」のあり方は、デジタル革命が新しい次元へと突入し、どのように変容していくのか?をテーマにさまざまなアート作品やイベントが、リンツの街で展開されました。 今年の来場者は92,000名。482のイベントに42ケ国946名の作家、科学者、評論家らが集まりました。

出展&上映

■『のらもじ発見プロジェクト』下浜 臨太郎/西村 斉輝/若岡 伸也(第18回エンターテインメント部門優秀賞)出展

文化庁メディア芸術祭では、メイン会場のPostCity (80,000㎡)にて『のらもじ発見プロジェクト』を紹介。本プロジェクトは日本の街を歩いているときに見つける個性的な文字(のらもじ)のそのデザイン性に着目し、その文字の造形を分解し、再構築することで、その魅力を再発見するプロジェクトです。

「アルスエレクトロニカ」と「日本の商店」がつなぐ

商店の看板をもとにデザインされた文字でデザインされたTシャツを展示。一枚20ユーロ以上の寄付をいただき、およそ150枚のTシャツが来場者の手に渡りました。寄付金の一部が日本の商店に寄付され、遠く離れた日本の商店とアルスエレクトロニカの来場者がつながるドネーションのサイクルができあがります。

展示:PostCity Kit Exhibition
日時:9月3日(木)~7日(月)10:00-19:00 
会場:PostCity

インターネットヤミ市への参加

日時:9月5日(土)12:00~19:00 
会場:PostCity – Conference Square

2012年に東京ではじまった“わざわざ行かないと買えない残念なEC”こと「インターネットヤミ市」。東京、ベルリン、札幌、ブリュッセル、アムステルダムに引き続き、リンツにて開催!『のらもじ発見プロジェクト(Noramoji Project)』もインターネットヤミ市へ出展しました。

World Wide Internet Yami-ichi Weeks
主催:アルスエレクトロニカ × IDPW

■文化庁メディア芸術祭受賞作品上映
日程:9月6日(日)17:00-18:30
9月7日(月)15:00-16:30
会場: CENTRAL

上映プログラム:エンターテインメント・アニメーション部門セレクション2015
『3RD』Hedwig HEINSMAN / Niki SMIT / Simon van der LINDEN
『Kintsugi』APOTROPIA(Antonella MIGNONE / Cristiano PANEPUCCIA)
『handiii』近藤 玄大/山浦 博志/小西 哲哉
『Ingress』Google’s Niantic Labs(創業者:John HANKE)
『忍者女子高生 | 制服で大回転』『忍者女子高生』プロジェクトチーム
『5D ARCHIVE DEPT.』香月 浩一
『のらもじ発見プロジェクト』下浜 臨太郎/西村 斉輝/若岡 伸也
『技術力の低い人 限定ロボコン(通称:ヘボコン)』石川 大樹
『Poker』水江 未来/中内 友紀恵
『境界線』中田 彩郁
『コップの中の子牛』朱 彦潼
『PADRE』Santiago 'Bou' GRASSO
『The Wound』Anna BUDANOVA

関連イベント

プリ・フォーラム I – コンピューター・アニメーション / Film / VFX

出演:Alex Verhaest (第18回文化庁メディア芸術祭アート部門新人賞)『Temps Mort』(ゴールデンニカ)ほか
日時:9月4日(金)14:15-15:45
会場:CENTRAL

プリ・フォーラムIV ―ハイブリッド・アート

出演:久保田 晃弘(第16回~18回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員)『ARTSAT』(Award of Distinction)ほか
日時:9月5日(土)14:30-16:00
会場:OKセンター

PostCity Kit Exhibition

『Bell』三原 聡一郎(第18回アート部門優秀賞)
『ON THE FLY』緒方 壽人(第16回アート・エンターテインメント部門審査委員会推薦作品)他

Elements of Art and Science

『Body Paint』exonemo(第7回、16回、17回エンターテインメント部門審査委員会推薦作品)