JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL

メディア芸術海外展開事業日本のメディア芸術を世界へ

ソウル・ベスト・オブ・ザ・ベスト
アニメーション・フェスティバル 2018(SBAF)


「ソウル・ベスト・オブ・ザ・ベスト・アニメーション・フェスティバル 2018(SBAF)」は、2007年の立ち上げ以来、今年で12回目の開催となるアニメーション・フェスティバルです。今年からは、8月開催の第22回ソウル国際マンガ・アニメーション映画祭(SICAF 2018)とも連動し、韓国/ソウルのアニメーション・マーケットの更なる発展・活性化に繋がるフェスティバルとなっています。

本年は、文化庁メディア芸術祭受賞プログラム「21st Japan Media Arts Festival Award-winning Program」の上映を行いました。


上映

”21st Japan Media Arts Festival Award-winning Program”

第21回文化庁メディア芸術祭:アニメーション部門、エンターテインメント部門、アート部門の受賞作品を収録。
時代を映し出す文化庁メディア芸術祭のトレンドをアーカイブします。

上映作品

『水準原点』、『Language Producing Factory』、『Panderer(Seventeen Seconds)』、『INDUSTRIAL JP』、『盲目の魚-The Blind Fish-』、『ハルモニア feat. Makoto』、『The First Thunder』


会場 S-plex Center 3D Theater(Sangam DMC)(韓国、ソウル)
会期 2018年11月15日(木)〜 18日(日)

TOP