JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL

メディア芸術海外展開事業日本のメディア芸術を世界へ

ウォーターピーシーズ


本年で20回目の開催となる、コンテンポラリー・ビデオ・アート・フェスティバル「Warterpieces」は、ラトビアのリガにある水上の芸術センター:NOASSにおいて、国際的なニューメディアと実験的なビデオ作品の上映を行います。

ダウガヴァ川の近くに位置する芸術センター:NOASSで毎年開催されるこの「Waterpieces」の、7月度のプログラムは非常に幅広く、世界の著名なビデオ・アート・フェスティバルやショート・フィルムの組織とコラボレーションしています。

7月度のプログラムでは、「文化庁メディア芸術祭」 をはじめ、「AG Kurzfilm」(ドイツ)、「MADATAC」(スペイン), 「ADDIS Video Arts Festival」(エチオピア)等のフェスティバルや、国際的なビデオ/映像プロジェクト「Contingency」からのプログラム・作品が上映される予定です。


今回、本事業との協力で、「ANIMATIONISM - All Creativity Welcomed -」の上映が決定しました。


上映

「ANIMATIONISM - All Creativity Welcomed -」

第23回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で受賞したアニメーションやその作者の作品の中から、5作品を収録した短編アニメーションプログラム。


会場 NOASS
会期 2020年7月22日(水)19:00

TOP