JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL

メディア芸術海外展開事業日本のメディア芸術を世界へ

吉野耕平/監督・脚本・VFX

広告のプランナー・コピーライターを経て映像作家として独立。
その後、CMや MV、短編映画を手掛け、各年度の優れたグラフィックデザインに贈られるJAGDA 賞(2014/2020)、釜山国際短編映画祭(16)、VR Creative award2017(17)、国際的広告賞であるEpica Awards 2017 (17)等において数々の賞を受賞。映画『君の名は。』に CG クリエイターとして参加。
監督デビュー作となる映画「水曜日が消えた」が本年公開となり、監督・脚本・VFXを自ら全て担当する。

TOP